切手の買い取りについて

普通切手・記念切手・中国切手等・切手買取の事でしたらどのような内容でもお気軽にご相談ください。
シートはもちろん、少額な切手や、バラ(単片)の切手など喜んで買取させていただきます。切手の中には、昭和30年代以前のものであればプレミアがつくこともございます。切手は、きちんと保存されていないとすぐに劣化してしまいます。劣化した切手は、趣味で持っているだけなら額面通りの価値ですが、実際使用するにしても、色褪せたままの切手を貼って手紙を出すには抵抗があるのではないでしょうか。真っ白なハガキに、色褪せた切手を貼る。受け取られた相手方は、どう思われるかを想像していただければおわかりいただけるのではないでしょうか。当店では、色褪せたものでも、そうでないものも無料で査定させていただきます。完全に使いにくくなる前にご相談ください。